スポンサーリンク

 

[st-kaiwa1]自分の強みって何だろう?[/st-kaiwa1]
[st-kaiwa3]長所を知りたいなら、自己分析してみるのはどう?[/st-kaiwa3]
[st-kaiwa2]ワイの長所はこのしなやかなヒゲの曲線美よ[/st-kaiwa2]
[st-kaiwa1]はい。[/st-kaiwa1]

みなさん「自己分析」というと具体的にどのようなことをするかご存じでしょうか?

 

「自己分析」とは自分の内心を探る作業のことです。

自分はどのような人間であるか、また自分にはどのような要素があるのかを見つけることを言います。

就活でも必須となる作業でしょう。

 

しかし、自分で自分の事を考えてみるものの、自分を客観的に見るのは意外と難しかったり

周りの人に聞いても思っていたのと違った答えが帰ってきたり、意見がバラバラだったりして確信が持てなくなりますよね。

 

そこで今回は
自己分析のツールとして最近話題の「ストレングスファインダー」を使って、
自己分析していきたいと思います!
[adsense]

スポンサーリンク

ストレングスファインダーで自分の強みを知って活かす

ストレングスファインダーって?

ストレングスファインダーとは
アメリカのギャラップ社によって、

「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向け、それを活かすことで最大の能力を発揮する」

という考え方に基づき開発された自己分析ツールです。

 

本についているアクセスコードを使って、
スマホまたはパソコンのWebサイト上で、
約30分間、177個の質問に答えていくことで、

全34種類中、
あなたの最も優れた5つの能力、
つまりは「強み」資質がより強いものから順に診断してくれます。

 

ストレングスファインダーは2017年12月時点で
全世界1700万人以上の人が受けているベストセラーで、

企業の社内研修などで使用されるケースも多くあります。

また就活生にとっては ES を書く前や、
面接の前の”自己分析ツール”として、
非常にオススメだと言えます。

 

このストレングスファインダーは、アメリカの心理学のプロが、
人間の持つ様々な能力をあらゆる角度から追究し分類した、

これ以上にないほどに緻密で超正確な診断テストです。

そこらのサイトの無料診断テストとは全く別物だということです。

 

診断だけでなく、それぞれの強みについて詳細な説明がついていて、
自分のことをホントに細かく分析できるところが良いところです。

34種類の人間の才能とは?

運命思考回復思考分析思考原点思考活発性共感性競争性規律性公平性社交性指令性親密性戦略性調和性適応性アレンジコミュニケーションポジティブ個別化自我自己確信着想内省包含収集心成長促進責任感信念慎重さ学習欲達成欲最上志向目標志向未来志向

ストレングスファインダーでは、
人の資質はこの34種類に分類されます

そしてこの34種類の中から5つの強みが選び出されるので、

 

単純計算で

34×33×32×31×30
=33,390,720通り

つまり3300万通り以上の組み合わせになるということです。

 

そりゃあ色々な人間がいるわなあ、
納得です。

余談ですが、
現時点世界の人口が約76億人なので、
自分と全く同じ資質の人が世界に230人いるという計算になります。

スポンサーリンク

ストレングスファインダーの受け方

ストレングスファインダーの受け方には大きく二通りあります。

① アクセスコード付きの本を購入する
② ギャラップ社のサイトで直接アクセスコードを購入する

注意:② の場合は本を買うより安く済みますが、説明が付かないので、初めての方は①の、本を購入していただくことをオススメします。

オススメの受け方
ストレングスファインダーを効率的に活用する最もオススメの受け方を紹介します。

・STEP1:アクセスコード付きの本を購入し、一冊に一つだけ付いているアクセスコードからストレングスファインダーを受け、自身の上位5つの強みを知る。本を読みさらに強みの理解を深める。

・STEP2:ギャラップ社のサイトで34資質のアクセスコードを購入し、上位5つの強みを含めた34の資質全てを把握する。

初めての方は、診断結果のうち、上位5つの強みだけを見れる STEP1 だけで十分だと思いますが、追加で購入すれば、34の資質すべての並び順を見ることもできるということです。

●注意事項
・ストレングスファインダーは、全177問の選択方式のWeb診断です。
1問につき20秒の解答時間の制限があります。
・時間にして20分~30分程度かかりますので、Web接続が安定している環境でじっくり落ち着いて取り組めるときに受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

実際に受けてみた結果と感想


上から下に向けて、僕の1位から5位の「強み」です。

簡単に説明すると、

収集心・・・知りたがり屋で、収集癖があります。知的好奇心も旺盛で、様々なものに刺激を受け、集めた知識やモノにさまざまな利用の仕方を考える。物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けることにワクワクします。

最上志向・・平均ではなく優秀であることを好み、自分の強みを追究します。強みを発見すると、それを伸ばし磨きをかけ武器にします。強みを評価してくれる人たちと一緒に過ごすのが心地よく、同じように自らの強みを発見しそれを伸ばしてきた人たちに惹かれます。自分の弱みをどうにかするより自分の武器を最大限に利用したいと考えます。

運命思考・・この世に偶然とは一つもないと確信しています。思慮深く、思いやりがあり、受容力があり聞き上手。また人は皆、自由な意思を持った個別の人間であると捉え、異なる文化や考えの人を受容でき、その架け橋ともなれます。

共感性・・・周囲の人の感情を察することができます。また他人の幸せに自分は喜びを感じることができます。とても細かいところや変化に敏感で、気づきが早い。物事の最終決定などにも長けています。

戦略性・・・いろいろなものが乱雑にある中から、最終目的に合った最善の道筋を発見することができます。様々なものにパターンを見出すとともに先読みに長け、起こりうる障害の危険性なども、正確に予測することができます。

実際のストレングスファインダーでは、
一つ一つの資質について、
こと細かく、より詳しく解説してくれます。

 

ちなみにメチャメチャ当たってます。笑

ブログのテーマである、
「好奇心」というのが「収集心」に現れていてとても嬉しいです。
もしかしてこのブログ、天職かも?

 

なんだか自分を見透かされたようで、
怖いほどに当たっていて、
正直驚いてます。

でもやはり、
自分のことを分かっているようで分かっていなかったことが多かったですね笑

 

さて、自分の強みも分かったことなので、
次はその資質を活かしていきましょう!

強みを活かす

ストレングスファインダーで強みが分かったら、
次はそれを強みとして活かして行かなければなりません。

 

なぜなら診断で出た「強み」とはあくまで「資質」であり、単なる道具だからです。

 

つまり、
ストレングスファインダーとは、
「きっかけ」です。

 

僕は「ストレングスファインダーを読んだだけで満足する」だけなら、読まない方がマシだと断言します。有料ですし。

逆に、「ストレングスファインダーを読み、自分の強みを知り、それを活かせる」人は、受ける価値があると、断言します。

 

というより、絶対に受けるべきです。

この本には、
活用の仕方によっては、
人生すら変えてしまうほどの力があると思います。(いい意味で)

 

この「強みを活かす」というステップに関しては、
実際にこのストレングスファインダーを読んでいただいて自身で気づいて欲しいところなので、
ここでは詳しく話しません。

 

またストレングスファインダーでは他にも、

「行動アイデア」
「同じ強みを持つ人の声」
「同じ資質を持つ人との働き方や付き合い方」

についても知ることができるので、

より理解を深めることができると思います!
[adsense]

まとめ

ストレングスファインダーをやってみて、
とても納得のいくものもあれば、
言われてみればそうかも、
というような結果もありました。

逆に、意外な結果もあり、
「これ、強みにしていいんだ!」と言うような、新たな自分の発見にもなりました。

 

自分のことを頭では分かってるつもりでも、
言葉にしようと思うと案外うまくいかないものです。

また、ただストレングスファインダーを受けて強みを知るだけでなく

「強みを使って今何ができるか」
「自分に足りないところは何か」
「実際どんな時に使っているか」

などを知ることで、

 

より自分の強みとは何かを知ることが出来ました。

 

もちろんこの話はエントリーシートを書くときや、
面接を受けたりするときに伝えられると、
自分の強さを理解してもらえるという点で大切な観点になるので、
ぜひ試してみてください!

 

*注意:診断は一度しかできないので、中古のものは買わないようにお願いします!

よろず屋マメ知識

[st-kaiwa2]「一人にすべての資質を求めるな」[/st-kaiwa2]
[st-kaiwa3]有名な孔子さんの言葉だね![/st-kaiwa3]
[st-kaiwa1]人は助け合って生きるんだなあ[/st-kaiwa1]

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事